タイ就職向けのおすすめ求人サイト&転職エージェント10選

こんにちは!タイ在住歴7年、バンコクで2度回の転職経験があるayuです。

タイでの転職を考えているけれど、どうやって仕事を探したらいいのかわからないという方におすすめの転職サイトをご紹介します。

転職サイトといっても日本の転職エージェント、タイの求人サイト、タイの転職エージェントなど、様々なタイプがありますので、特徴を掴んで上手に利用しましょう。

タイ就職向けのおすすめ求人サイト&転職エージェント10選

タイ求人がある日本の転職エージェンのおすすめ3選


◆マイナビ転職グローバル

マイナビ転職グローバル

マイナビ転職グローバル」は語学力を生かしたい人や海外で働きたい人のための転職・求人情報を紹介する転職サイトです。 

国別、業種別などで海外の求人案件を検索することができます。また、英文履歴書の書き方やスカイプ面接での失敗談など、これから転職活動しようとしている人に役立つ情報もたくさん掲載されています。

給与は50,000THB(約17万5千円)〜という案件が多くありますが、経験や資格によっては90,000THB(約31万5千円)という案件もあります。

業種としては日系の会社の工場勤務の案件が多くあります。タイの求人は常時100件以上はあるようです。

◆リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートが運営する転職サイト「リクルートエージェント」は、勤務地が海外で検索することができます。勤務地で海外を選択すると、ヨーロッパ、北米、アフリカなど地域で選ぶことができるので、「東南アジア」を選択すればタイの案件も探すことができます。

東南アジア案件の中でも、公開されている案件は案件は30件で非公開案件が160件ほどあります。(2019年7月時点)転職サポートに申し込むことで、東南アジアに精通した専任のキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれます。非公開案件も多いので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

◆リクナビネクスト

リクナビネクスト

水曜、金曜の週2回更新される「リクナビネクスト」では、勤務地として海外の東南アジアを選択することで、タイの求人案件を探すことができます。

こちらの求人案件の特徴は、現地採用と呼ばれる現地法人と直接契約の雇用ではなく、日本の本社の社員として契約してタイへ駐在員として送られる雇用の案件が多いです。

ただし、駐在員としての雇用の場合には求人を募集している同じ職種(車関係が多い)での経験や語学力を求められることが多いのでハードルは高くなりますが、現地採用者よりも待遇が良いので日本で経験がある場合には駐在員枠で探してみる方が良いでしょう。

日本語で検索できるおすすめタイ求人サイト(お役立ちサイトなど)


◆バンコク掲示板

バンコク掲示板

バンコク掲示板」は、バンコクに住む人たちが情報を交換し合う無料のWEB上掲示板です。掲示板中は求人情報だけでなく、多様な情報がカテゴリーごとに掲載されています。

無料で掲載できるからこそ、他の求人サイトには掲載されていない情報なども多くあります。ただし、直接連絡を取ることになるのでトラブルになる可能性もあります。

また、タイの法律には違反するのでおすすめはしませんが、アルバイトやパートタイムの仕事を募集していることもあります。また、友達募集やアクティビティを行う仲間を探す情報、不動産情報など様々な情報が掲載されているので、就職して移住する前に情報収集するためにチェックしてみてはいかがでしょうか。

◆カモメアジア転職

カモメアジア転職

カモメアジア転職」海外への転職に特化したWEBサイトで、勤務地の中でも「タイ」をピンポイントで選ぶことができます。

ほぼ毎日のように新しい求人案件が更新されるので、希望の職種がある場合には探しやすいです。

また、自分の情報を登録しておくと企業からのスカウトを受けることができるサービスもあります。早急に転職を望んでいる人の他、いずれ転職しようかなという方でもスカウトサービスに登録しておけば希望の職種での案件が出てきた場合に連絡を受けることができます。

実際に転職した後の生活の様子などを想像しやすいように、サイト内には実際にタイへ転職した女性の経験談が掲載されています。気になる給与事情や生活環境などを知っておくと仕事探しの目安にもなります。

◆NNA jobwire

NNA jobwire

アジア就職に特化している「NNA jobwire」はアジア16カ国の求人情報を掲載している求人メディアです。

香港に運営母体がありますが、日本語でも情報発信しており、顧客の約4割は日本人とのことです。無料の海外就職カウンセリングなどもおこなっており、人材周りの情報発信しているメディアも運営しているため、他のアジア圏での転職を考えている様な方でには比較情報を得られるいいサイトです。

タイに現地法人がある転職エージェントおすすめ3選


◆JAC リクルートメント・タイランド

JACリクルートメント

JACリクルートメント」は、1975年に英国ロンドンで設立され、現在では11ヵ国26拠点を構えるグローバルな人材紹介会社です。転職希望者のニーズと経験に基づき、専門性をもったコンサルタントが転職に向けてサポートをしてくれます。

タイ在住の場合にはタイで就職カウンセリングし、履歴書の確認からインタビューの準備などきめ細やかな対応をしてくれます。日本在住の場合は、日本のオフィスでカウンセリングを受けることも可能です。

高水準な人材紹介サービスがウリで、現地の人材紹介会社ながら駐在員待遇の求人案件や基本給10万バーツ(約35万円)以上の高待遇な案件が多いのが特徴です。

◆REERACOEN タイランド

REERACOEN タイランド

REERACOEN タイランド」国内67拠点、海外22拠点の国内外計89拠点を構える株式会社ネオキャリアグループのタイ支社です。サイト内の求人は企業名が公開されていない案件が多いので、職種や給与・待遇などで気になる案件があれば、気軽に転職アドバイザーに相談することをおすすめします。

現地に支社があるからこそ、飲食業界の求人や工場勤務での求人など幅広い業種・職種の案件を探すことができる転職サイトです。

◆Adeccoタイランド

Adecco(アデコ)

Adecco(アデコ)」タイ国内に10拠点、世界60エリアに5,100以上の支店をもつ世界最大級の人材サービス企業です。外資系ですが、タイ支社の中の日本人部門は日本人が相談に乗ってくれます。

サイトへの登録~カウンセリング~面接~採用が決まってからの一連の流れを紹介しているページもあるので安心です。外資系の人材サービス企業ならでは、日本人第1号という求人案件など外資系企業での日本人の求人という珍しい案件があるのも特徴の1つです。

◆PERSONNEL CONSULTANT

PERSONAL CONSULTANT

PERSONAL CONSULTANT」は1994年に設立された日系としては一番長い歴史をもつタイの地元に根付いたローカル企業で、タイ国内の案件数は一番多い企業として知られています。

WEBページ内には、「タイでの仕事の探し方」「タイでの生活」「日本人求人の状況」「アパート」についてなどタイで生活する上で必要になる情報が掲載されています。

タイ就職サイトまとめ

タイへの転職を考えている方への求人サイトや役に立つサイトについておすすめをご紹介しました。人材紹介会社は無料で利用することができます。少しでも興味があれば、まずは気軽に登録してみるだけでも、実際のタイの給与水準や待遇を理解することができるので、まずはリサーチもかねていくつか登録してみるのが早いかもしれません。

あなたにぴったりの就職先がみつかるように応援しています!